TP-Link Archer C50 レビュー(WIFI 無線LAN ルーター)

by sixl

購入の理由

TP-Link Archer C50を購入しました。現在WiMAXを利用していて、そのWiMAX端末にルータ機能もついています。しかし、処理が集中しているためか、フリーズしたり通信が切れたりが頻発していました。ネットワークの構成は以下のようになります。1つのWiMAX端末がインターネット接続や家の中の通信をしている状況です。一極集中で端末もとても熱くなっていました。

なので、以下のようにもう一つ無線ルーターを導入し、LAN内の処理をオフロードさせることにしました。

本題のArcher C50を購入した理由ですが、世界的にTP-Linkの評判がよいためです。個人的な感想ですが、国産のBUFFALO製ルーターやNEC製ルーターは、設定も複雑で見た目もいまいち、通信速度も出ないということが度々ありました。また、TP-Link製無線ルーターも色々有りますが、新製品で値段もお手頃、しかし機能はそこそこ充実しているArcher C50を選びました。

開封の儀

まずはAmazonで購入。ヤフーか楽天かAmazonのみで買えるようです。

購入時は30%オフで3,680円でした

翌日に到着。こんな感じの箱でした。

箱を開けるとルーターが現れます。想像より結構大きい。

付属品は1メートルくらいのLANケーブル、ACアダプタ、説明書、保証書。3年保証なので保証書は大事にとっておきましょう。領収書はいつでもAmazonからダウンロードできます。

セットアップ

セットアップは簡単に終わりました。説明書はとてもシンプル。電源、ケーブルを繋いで電源をオンにするだけです。Wi-FiのSSID、パスワードはルータの裏に書いてあります。

このままでも使えますが、SSIDやパスワードも変更しておきました。まず、初期のWi-Fiにつないだあと、http://192.168.0.1/にアクセスします。その後、画面の設定に従い変更するだけです。設定画面もシンプルで使いやすいです

また、アンドロイドスマホ用にTetherという設定アプリがあります。こちらは詳細な設定はできませんが、とてもシンプルで使いやすいです。SSIDの変更などはこれで十分でした。

まとめ

まだ使って1週間程度ですが、WiMAX端末のフリーズといった問題が解決されとても満足です。私のあまり部屋は広くないので、このモデルで十分でしたが、複数階あったり、部屋が沢山ある方は上位モデルや中継器もあると便利かと思います。私も引っ越しなどで部屋のレイアウトが変わったときはまたTP-Link製のルータを買おうと思います。

他のTP-Link製品。Amazonだと割引率が高い